「写真」趣味にしよう #2 構図って使えるの?

YouTubeで初心者向けの動画を観てみると、“構図”について語られる場面が多いという結果を得ました。

Next Stepとして構図について学んで、実践してみます。

 
    目次
  • 1: “構図”の動画 10本観てみた
    • 1.1: 構図のポイント
    • 1.2: 代表的な構図
  • 2: 構図を使った撮影にトライ
    • 2.1: 日の丸構図
    • 2.2: 三分割構図
    • 2.3: 二分割構図
    • 2.4: 対角構図
    • 2.5: 左右対象構図
  • 3: 振り返り
  • 4: 最後に

“構図”の動画 10本観てみた

今回は構図と何かということで、同じく10本の動画をみてました。
総視聴時間は、97分21秒です。

構図のポイント

  • 構図には何種類か代表的なものがある
  • 構図を意識すると収まりがいい
  • 逆に構図からずらすことで不安定さを演出することもある
共通して語られるコメントに「構図はあくまで参考でこだわるのは逆によくない」と言われています。
でも初心者にとってはとてもありがたいガイドになりそう。

代表的な構図

  • 日の丸構図
  • 二分割構図
  • 三分割構図
  • 左右対称構図
  • 額縁構図
  • C字構図
  • S字構図
  • 対角線構図
  • 放射線構図
等があるそうです。

中でも三分割構図がお勧めされるコメントが多かったですね。

構図を使った撮影にトライ

今回はみなとみらいにある日本丸を被写体に選びました。

取りあえずサクッと一枚。

ここから実験のためにいろいろな構図で撮り比べてみたいと思います。

日の丸構図

船の形的に船首の方から撮ると日の丸構図になりそうです。
正面の方に歩いて行って一枚。

あ、文字が逆に。。 反対側から撮ればよかったですね。
マストが切れちゃうと変か。

三分割構図

続いて、コメント多かった三分割構図に挑戦。
横から撮って船首の方に空間ができるように撮るといいのでのではないか
ということで左下に船が来るように撮ってみました。

うーん。背景が。。。
初心者動画でも背景に注意するようにって話されていましたが、これなかなか難しい。
やはり動いて良い位置を探すのがポイントなんですね。

寄ったら背景少し紛れるかと思って撮ったのがこちらです。

もっと背景ボケたらましになるかな?

邪魔なものがない観覧車をパチリ
三分割の交点に観覧車の中心、建物の看板が入る様に撮ってみました。
こっちは背景が空だけでスッキリです。もっと夕方で綺麗だったんだけどな。。

二分割構図

水面に反射する船で二分割構図と左右対象構図の合わせ技です。
こんなの私が思いつくわけなく、Instagramで皆さんが撮っているのを真似してみました。
今回自分的にはこれが一番しっくり来たかなと思います。
でもちゃんと中心に来てない。。
もっと日が落ちてからがよかったですね。

実はもっといろいろな構図で撮り比べてみようと思っていたのですが、なかなか適当な感じの位置がなくて。。。
高いところに上がったりしたらよかったなと感じますが、経験値の差なんでしょうね。

隣にあるコスモワールドでも撮ってみました。

対角構図

ずれちゃったけど、観覧車とアトラクションを対角に置きたかったやつです。

背景に他のものが写っていないのでちゃんと撮れたらよかったのかも。
やはり背景って大事なんですね。余計なものは入れない様にって言われてました。

左右対象構図

もうちょっと回ってないとダメでしたね。暑くて諦めちゃいました。
でも左右対象って安定感あって良さそう。

振り返り

今回動画で知った“構図”を参考に撮ってみるという試みをしました。
結果としては確かに構図に倣って撮ることは初心者の助けになると感じました。

自分に写真のイメージ自体がないのでInstagramで上手な人があげている写真をみてそれを真似るというのがいいと思いました。

全くセンスがないので普通に撮ると真ん中にドーンと被写体あって周りぐちゃーってなっちゃうんですよね。

最後に

ど素人が過ぎる記事になりましたが、のんびり趣味としてはとても面白かったです。
iphoneでも十分楽しめる気がしました。そっちも挑戦しようかな

構図意外に「光」「色」「距離感」なんかが初心者に向けて語られるワードだったのでそちらについても見ていきたいと思います。

レタッチにも挑戦したいですね。