ビアレッティ モカエキスプレス(マキネッタ)購入前の7個の懸念とその答え

私は家庭用エスプレッソ マシンを愛用しているのですが
  • もっといろいろな豆を試してみたい
  • ランニング コストを抑えられないか
と思うようになり、イタリアの家庭には必ずあると言われている直火式エスプレッソメーカーの購入を考えました。

直火式エスプレッソメーカーで最も有名なビアレッティのモカエキスプレスを購入しました。


モカエキスプレスの説明はいろいろな記事があるので私は購入前の懸念事項と使ってみて感じたことをお伝えします。迷っている方の参考になればと思います。


購入前の懸念7つ

美味しいの?

もちろん味が一番気になったところですが、とっても美味しいエスプレッソを作れます。日本でも一家に一台あってもいいのでは?と思いました。

モカエキスプレスで淹れるコーヒーは厳密にはエスプレッソではありません。構造上抽出時の圧力が足りないんですね。なのでクレマはできませんが家で手軽に飲むには最適だと思います。

いくら?

モカエキスプレスはいろいろな場所で入手できます。Loftやカルディ、コーヒー問屋等にはたいてい置いてありますよね。

もちろんECサイトでも買えまして価格はこんなものだと思います。


ランニングコストも気になりますよね。

これは豆によるという話ですが例えばカルディだと200gで500円くらいからあります。

マキネッタ2杯用だと一回に15g程度の豆が必要なのでざっくり200gで25杯前後のコーヒーを淹れることができます。200gで500円の豆ならなんと一杯たったの20円です。

これならたくさん飲む人でも安心ですよね。
豆はなんでもよいので気になる豆をたくさん試せます。

ブリッカがいい?

ビアレッティにはモカエキスプレスの派生機種としてブリッカというモデルがあります。

直火式エスプレッソメーカーは圧力が足りなくて厳密にはエスプレッソ ではない、クレマもできないという話をしました。
モカエキスプレスとブリッカの違いは、ブリッカにはより強い圧がかかるようにコーヒーの吹き出し口に弁がついています。この弁によりクレマができるそうです。
私は以下二つの理由でモカエクスプレスを選びました。
  • 初めての直火式エスプレッソメーカーだったのでシンプルな方がよかった
  • 価格的にブリッカを買うならエスプレッソマシンを買ってしまおうと思った
私はそもそも家庭用のエスプレッソマシンを使っていまして確かにクレマがある方がよいと思うのですが、日常使いの直火式エスプレッソメーカーについては本格的なエスプレッソに近づけることよりも手軽さを重視していたのでブリッカよりもモカエキスプレスを選択しました。

もう一つの理由は価格です。ブリッカではクレマができるということですがいずれにしても圧が足りず良いクレマではないということで、それならエスプレッソマシンを買おうかなと思いました。ブリッカの価格がちょうど安いマシンとモカエキスプレスの間くらいでした。

サイズどうしよう?

これは注意が必要です。モカエクスプレスについては大は小を兼ねるという考え方は出来ません。4杯用で2杯分を作ることは出来ず、必ず4杯分の豆を消費して4杯分のコーヒーを作ることになります。

私は2杯用を購入して半分を冷やしてアイスカフェラテで飲んだり、そのままダブルで飲んでいます。自分の使い方だとちょうどいいです。

セットする豆の量を調整して対応するという人がいますがおすすめできません。ただでさえ圧力が低いのに豆の入ったバスケットがスカスカではきちんと抽出できないです。

豆どうしよう?

モカエキスプレスを買うまではよかったのですが、豆どうしよう?となりました。モカエキスプレスでは細挽きがよいとされていて、エスプレッソ のように極細挽きにしてしまうと圧力が足りずにうまく抽出できません。

困ったなということでカルディに行って店員さんにモカエキスプレスで淹れたいと相談すると快く対応頂けました。

はじめは店で挽いてもらいましたが、その後ハンドミルを買って今では淹れる度に自分で豆を挽いています。やっぱり香りがいいですよね。

簡単な方法だとネットで購入ということでillyのこちらが人気のようですね。お値段はそこそこな感じです。


モカエキスプレスは購入してから3回程度は飲まずに淹れる必要があります。コーヒーのオイルでアルミの表面にコーティングをするのが目的です。なので最初は捨てるようの安い豆を用意するのがよいかと思います。

お手入れは大変かな?

モカエキスプレスのお手入れはとても簡単で水やぬるま湯で洗うだけです。逆にコーヒー豆のオイルでモカエキスプレスをコーティングしたらその後はコーティングが剥がれないように洗剤などを使うのはやめましょう。

使用後はバラして水洗い、乾燥させます。

間違えることはないと思いますが、組み立て時のフィルターの向きとパッキンの順番を気をつけましょう。

パッキンをはめるとこんな感じです

他に必要なものは?

モカエキスプレスでカフェラテを淹れるという設定で必要になったものはこちらです。

マスト
五徳に乗せる用の網
モカエキスプレスのサイズによりますが、私が使っている2杯用のモカエキスプレスだと小さくて家庭用のコンロの五徳では乗りません。これがないと火にかけられないのでマストです。

こんなミニ五徳がよく紹介されています。


しかし、100均に売っている網で対応している人が多いですね。私も近所の100均で買っていたものを使っています。

他注意としてIH対応ではないのでIHで使用する場合は、
IH対応モデルを選択する


もしくは対応プレートを使用する必要があります。


オプション
ミルクフォーマー
ミルクフォーマー専用機がオススメではありますが、こちらも100均で売っています。


100均のミルクフォーマーはちょっとパワーがあり過ぎて泡立ち過ぎてしまうのでうまくやるのは結構難しいです。

ミルクピッチャー
上記のミルクフォーマーをどの容器でやりますか?ということで私は耐熱、電子レンジ対応のミルクピッチャーを使っています。
洗い物を増やしたくない場合は、カップにミルクをいれて、電子レンジで温める。その後未ルクフォーマーで泡立てた後にモカエキスプレスで淹れたコーヒーを注ぐと最低限でいけますね。

最後に

家でも美味しいカフェラテが飲みたい、しかも手軽に。ということでモカエキスプレスを購入してみましたが毎日のように使っています。

モノを増やすのが嫌なのでどうなものかとご紹介したような懸念事項はありましたがとてもいい買い物だったと思います。

使ってみて感じたのはプレゼントにちょうどいいということ。技術は必要ないですし、お手入れも簡単でちょっと挑戦するのにちょうどいいと思います。形もいい感じなので最悪インテリアでもいいですかね。