ハリオ (HARIO) コーヒーミル セラミックスリム の組み立て方

初心者にオススメされるハンドミルと言えばハリオ(HARIO)のセラミックスリムがあげられると思います。手動ミルとも言われますね。


セラミックスリムは分解して洗えるところがポイントですが、組み立て方を忘れてしまうことも多いと思います。
そこでこちらの記事では組み立て手順を中心に紹介します。


組み立て手順

まずはホッパー部分にシャフトをつけていきます。この時上下のワッシャーを忘れないようにしましょう。



シャフトをつけたらスプリングをはめます。


次に臼の部分です。
先にホッパーに外臼をはめます。

この時ホッパーの突起と臼の凹みが合うようにしないとちゃんとはまらないので注意です。

最後に内臼部分をはめます。



ここで注意は粗さ調節ツマミの部分ですね。



粗さ調節ツマミはギザギザを手前側にして組み付けます。ここを間違えると挽いている間にずれてしまって粉の粗さが変わってしまいます。

あとはボトル、フタ、ハンドルをつけたら完成です!

ネガティブレビューについて

購入検討時にレビューを漁っていて気になった2点について購入後試した私の感想を共有します。

疲れる

私はモカエキスプレスの2杯用を使用しているので一度に挽くのは細引きで1杯分のメモリのところまでになります。実際やってみると1分程度ででき、全然苦になりませんでした。

粗さ調節が難しい

セラミックスリムは粗さ調節つまみを回す量で豆を挽く粗さを調整します。

メモリがついていないので都度調節する必要があります。しかしこれも少し挽いてみて微調整すればいいので特に難しくはなかったです。

その他検討候補にしたハンドミル

- セラミックコーヒーミル・スケルトン

同じくハリオ製品でこちらは底面に滑り防止のゴムがあったり、粉受けの容器のフタがあり挽いて使わなかった分を保存できたりします。
私の使い方だと粉は都度使い切るので蓋は不要で、実際に使ってみるとこの重量であれば持ってハンドルを回した方が使い安い気がします。あとは大きさの問題ですね。

- ポーレックス コーヒーミル

こちらはいろいろなところとても評価の高いハンドミルですね。はじめてとしてはちょっと高かったので私はハリオを選びましたが毎日使うことを考えるとポーレックスでも良かったかなと思います。

セラミックスリムはオススメです

挽きたてのコーヒー粉を試してみたくて購入したセラミックスリムですがまさしく入門用にはぴったりだと思います。

値段はお手頃なのにセラミック刃でコーン式。
分解組み立ても簡単で洗えるのがうれしいですね。